忍者ブログ
本家サイトの作品のネタバレとか入れつつ、かきたいものをつらつらと。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねえ、まだ僕の願い事きいてくれる?」
彼は僕に尋ねた。
「もちろん。約束したろ」
「じゃあ…」
彼は彼自信の覚悟を決め、口を開いた。

「         」

どれだけの覚悟だったろうか。
怖かったに違いない。子供だった時の僕も、自分が変わる事に多少の怖さはあったから。
それはもう、遠い昔のことだけど。
「それでいいの?もう、戻れないかもよ」
もし後で後悔してからでは遅い。後戻りは…なしだ。
「いいんだ。僕はあの子から離れたくないから。」
『あの子』なんて言うのは彼なりの照れ隠しのように思えた。
「へえ。好きになっちゃったんだ?」
からかうように言ってみた。そうしたら彼は顔を赤らめた。
「そ…そうとも言う…かなっ」
面白いなあ。うん、面白い。こう思うのは失礼かな。
「ふふ、じゃあ僕は何も言わないよ。…あ、でも一つだけ」
「わかってるよ」
僕の言葉を制止して彼は言った。
「あの子が僕を好きになるかなんて解らない、でしょ?」
「そう」
それも覚悟の上、か。
「例えば僕じゃなくて…ほら……」
「君じゃなくて、あいつを好きになったり」
「…って事もあるよね」
「うん」
『あいつ』でちゃんと通じたらしい。なんとなく彼が名前を出しにくそうにしていたから、こっちから話を進めてやった。
「それでもいいんだ。後悔しないよ。」
「そっか」
意思を再確認して彼に向き直る。
「じゃあ、もう一度君の願いを言って」
そう、これで終わる。僕のへんてこりんな生活も、彼の今まで生きて来た生活も。
「僕を」

あっちに帰ったらまた始めなきゃね。

今度は僕ら3人だけじゃなくて、君を入れた4人で。

 


「人間にしてほしいんだ」

 


シュガー救助隊を。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新CM
最新記事
(09/10)
(02/06)
(01/07)
(12/10)
(11/28)
プロフィール
HN:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone